【11月17日】新型コロナウイルス感染者の発生について(第二報)

 11月18日(水)に、本ホームページにおいて当院職員1名が新型コロナウイルス感染症に感染した件をお知らせいたしました。
当院を利用している患者さん、地域の皆様に多大なるご心配をお掛けしましたこと心からお詫び申し上げます。

 当該職員との濃厚接触者や接触の可能性のあった当院職員の健康観察期間が終了し、本日(12月1日(火))まで当院職員の新たな感染者は確認されておりません。

 皆様にはご心配・ご迷惑をお掛けいたしますが、当院では、今後も新型コロナウイルス感染の拡大防止に引き続き全力で取り組んでまいりますので、何卒ご理解のほど、お願い申し上げます。

令和2年12月1日 院長 舟山 裕士

 

【11月17日】新型コロナウイルス感染者の発生について(第一報)

 当院の職員1名が、11月17日(火)にPCR検査結果で陽性と確認されました。
 陽性となった職員は常時個室にて業務を行っているため、患者さんには濃厚接触者や検査対象者に該当する方はおりませんでした。

 また、早急に、濃厚接触者、および接触の可能性のある当院職員の検査を行ったところ、全員陰性であることを確認いたしました。

<当院の対応について>

所管保健所の指導のもと、早急に以下の対応をとっております。

● 濃厚接触者1名、および接触の可能性のある職員の検査を行い、全員の陰性を確認いたしました。

● 当該職員が勤務していた部署は封鎖し、接触の可能性があった方の勤務部署も念のため消毒を実施いたしました。

<当院の診療体制について>

● 感染の拡大に十分注意しながら、現状通りの診療体制を継続してまいります。

 今後も保健所との連携を図り、感染拡大防止に向け、適切な対応に努めてまいります。皆さまにはご心配をおかけすることとなり誠に申し訳ありません。ご理解とご協力のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。

令和2年11月18日 院長 舟山 裕士

 

このページの上部へ移動
©2007 The Japanese Red CrossLanguage Service Volunteers Web Services.