研修医リレー・お薬のノウハウ・ふれあい箱

研修医リレー 第11走者

初期研修医 橋本 知実(はしもと ともみ)

研修医リレー

第11走者は、初期研修医の橋本先生です!

  研修も2年目を迎えました。知らない・出来ないもどかしさを感じつつも、患者さんが良い方向へ進めるお手伝いができたらと思っています。研修医にとって患者さんは教師でもあります。加えて、指導医・病院スタッフと、沢山の教師に指導を頂き、日々勉強しています。
 話がかわりますが、現在の趣味は園芸です。写真はバナナで、なんとか今年の冬は乗り切りました。仙台は寒いと思いますが(出身が九州なので)どこまで育つか楽しみです。

次号の研修医へと続く…


 

お薬のノウハウ

薬剤部 藤枝 香子(ふじえだ こうこ)

「鉄剤の副作用って・・?」

 鉄剤を服用していて、便の色が変わったり、匂いが変わったりしたことはありませんか?また、胃がムカムカして食欲がなくなったり、下痢や便秘になったり・・・。ここでは、鉄剤の副作用について説明していきます。

Q:   便の色が変わるのはどうして?
A:   鉄剤を服用すると、便が黒色、または緑黒色になります。これは吸収されなかった鉄剤によるもので、排泄される過程で鉄が酸化、または食物等との反応により便が黒色または緑黒色に、そして、匂いも変化してしまうのです。
     
Q:   鉄剤を服用すると胃がムカムカしたり、食欲がなくなるんですが・・・。
A:   胃がムカムカしたり、食欲がなくなる原因は鉄剤が胃粘膜を刺激するからだと思われます。はっきりとした原因はよくわかっておりませんが、対処法をいくつかお知らせいたします。
 ① 1日投与量を変えずに服用回数を増やす。
 ② 胃粘膜の刺激を減らすために食直後(食事終了15分以内)に服用する。
 ③ 1日投与量を減らす。
 ④ 他の製剤に変更する。
いずれの場合もかかりつけの医師に相談してみてください。
     
Q:   便秘になってしまうのは・・・?
A:   下痢や便秘になってしまう作用の詳細はわかっていませんが、副作用発現率は約8%となっており、そのうち、下痢(軟便)は1%、便秘は0.7%です。

 鉄剤にはまだまだ副作用や食品や他薬剤との飲み合わせの問題があります。不安に思った時は医師や薬剤師に相談しましょう。

 

ふれあい箱(患者さんの声)

(声)
 車椅子使用の者です。シャワー浴をしましたが、とても床がすべり、転倒しそうになりました。施設の老朽化で仕方がないと思いつつも、かなり危険な浴室と感じました。また、椅子に座ってシャワーをあびましたが、セッケンや洗面器などを置けるような台がなく、腰掛け? のようなものに置きましたが低いので、セッケンなどを取ろうとした際、前のめりになり、また転倒しそうになりました。椅子に座っても入浴に必要なものが楽に取れるような台の設置は難しいでしょうか? 入浴時の転倒は本当にこわいので、安全に入浴できる方法を考えて頂きたいです。手すりだけでは不十分すぎると痛感しました。よろしくお願いします。

(回答)
 浴室の整備が行き届かず、大変不安な思いをかけし、申し訳ありませんでした。
 早速、車椅子使用の患者さんが安心し、安全に入浴して頂けるように浴室の環境の見直しを行い、椅子に座っても入浴に必要な物が楽に取れるように入浴台を設置するように手配しました。また、24年度内に浴室、トイレを含め病棟の大掛かりな改装工事を行って、入院環境を整備することを予定しておりますので、ご理解願います。