総合周産期母子医療センター

総合周産期母子医療センターとは、6床の母体・胎児集中治療室(MFICU)を有する産科病棟と、12床の新生児集中治療ベッドを有する新生児病棟を備え、24時間体制での母体搬送および新生児搬送の受入体制を有し、合併症妊娠,重症妊娠高血圧症候群、切迫早産、胎児異常など母体・胎児におけるリスクの高い妊娠に対する医療および高度な新生児医療等の周産期医療を行うことができる医療施設です。

 

入院の依頼方法についてはこちら>>

 

歴史

1982年(昭和57年)

当院が現在地への移転新築に伴い、
東北地方初の周産期センターとして開設

1991年(平成3年) 新生児特定集中治療室管理基準病床 9床
2002年(平成14年) 県より総合周産期母子医療センターに指定
2012年(平成24年) 新生児特定集中治療室管理基準病床 12床

所在

仙台赤十字病院4階

 

病床数

産科側

・母体・胎児集中治療室(MFICU) 6床
・産科後方病床 39床

新生児科側 ・新生児集中治療室(NICU) 12床
・回復治療室(GCU) 23床
・院内出生軽度異常新生児病床 5床

 

MFICUは、切迫早産、重い妊娠高血圧症候群、前置胎盤、合併症妊娠、胎児異常など、ハイリスク出産の危険度が高い母体・胎児に対応するため部屋です。
NICUは人工呼吸器を必要とするような重症の赤ちゃんが入院する部屋です。
GCUは状態が落ち着きNICUから出ることが出来た赤ちゃんや、最初からそれほど重症ではない赤ちゃんが入院する部屋で、NICUの隣にあります。
母児同室病床(マザーリングルーム)は、退院間近になった赤ちゃんとお母さんが一緒に泊まってすごし,退院後の育児練習をする部屋です。
院内出生軽度異常新生児病床は、院内出生児で在胎35週以上かつ出生体重が1900g以上の赤ちゃんで、低血糖や黄疸などで処置が必要な児の入院する部屋です。NICUやGCUとは離れた新生児室にあります。

 

診療の特徴

産科

母体搬送を積極的に受入れます。

年間約130名の母体搬送を受け入れています。

産科医と新生児科医が緊密に連携をとり診療に当たります。

ハイリスク分娩への立会い

帝王切開、早産、多胎などハイリスク分娩には新生児科医が立会い、出生した児の処置に当たります。

 

入院数・成績など

産科

総分娩数 帝王切開 多胎管理(組) 母体搬送受入数
2012 926 363 64 131
2013 1038 309 57 131
2014 915 366 77 122
2015 1002 370 69 121
2016 911 380 73 124

 


 

新生児科

開設以来30年間、産婦人科と新生児科の連携の良い 一つのチームとして、重症のハイリスク妊婦や異常新生児(早産低出生体重児、呼吸障害児、重症黄疸児や小児外科疾患児など)を積極的に受け入れ、他の周産期専門施設と協力して宮城県の周産期医療と教育の中心的な施設の一つとしての役割を担ってきました。

病床数はNICU12床、GCU13床、院内出生軽症例病床5床の計40床です。 小児外科のチームとも協力して診療を行っています。年間約350-400例の 異常新生児症例(30例弱の超低出生体重児、20-40例 の極低出生体重児、120例前後の多胎症例、90例前後 の人工換気症例)を診療しています。

救命のための高度集中治療(超早産児治療、脳低温療法、NO療法)はもちろんのこと、入院中から臨床発達心理士、作業療法士、ソーシャルワーカーなどの多職種がかかわり、退院にむけた育児支援にも力を注いでいます。また外来では、NICUを卒業された児の発育、発達のフォローを新生児科医と臨床発達心理士が担当して行っており、発達の評価やアドバイス、また必要に応じて作業療法士が発達を促すリハビリなども行っています。

 

入院数・成績など

新生児科

  2012年 2013年 2014年 2015年 2016年
入院総数 336 348 340 370 410
超低出生体重児
(1000g未満)
32 26 25 25 21
極低出生体重児
(1000〜1499g)
30 30 15 39 31
人工呼吸器症例 75 98 69 93 96

 

外来

フォローアップ外来

毎週、水・木・金曜日の午後

1か月健診 毎週木曜日の午後
シナジス外来 9月〜3月の毎週月曜日の午後

 

総合周産期母子医療センター

このページの上部へ移動
©2007 The Japanese Red CrossLanguage Service Volunteers Web Services.