整形外科

整形外科は四肢の関節や脊椎に生じる病気の診断と治療を行う科です。仙台市内の病院の整形外科は、専門領域を分担し、蓄積した専門的な知識・経験・技術を提供するよう配置されています。

 

取り扱っている主な疾患

当院では主に股関節・膝関節・足部の疾患・外傷・スポーツ障害を担当しており、小児から成人・高齢者まで幅広く診療しています。主に診療している内容は下記です。

【股関節】

あらゆる股関節疾患に対応できる体制を整えています。主な特徴は、
・変形性股関節症や大腿骨頭壊死などに対する人工股関節置換術(THA)に、最小侵襲手術(MIS:Minimally invasive surgery)THAを積極的に行っています。
※詳しくは「仙台赤十字病院 人工関節センター」をご覧ください
・乳児期、幼児期、学童期の股関節痛の診察・検査、小児の股関節脱臼の検診
・学童期の股関節痛の原因となる大腿骨頭すべり症の治療
・青壮年期の寛骨臼形成不全、若年者の大腿骨頭壊死に対する骨切り手術
・FAI (femoro acetabular impingement)、股関節唇損傷、軽度の変形性股関節症に対する股関節鏡視下手術。レントゲンで異常所見の少ない股関節痛では、FAIや股関節唇損傷が原因となることがわかってきており、保存治療、股関節鏡手術に対応しています。

【膝関節】

保存療法や薬物療法で対応できない病態に対しては関節鏡というツールを最大限利用した最小侵襲手術を中心に、外科的治療を行っております。
・関節鏡視下手術では主にスポーツによって生じる前十字靭帯損傷に対する靭帯再建手術や半月板損傷に対する縫合術を行ないます。軟骨損傷や軽度の変形性膝関節症に対しては培養軟骨移植(http://saisei-navi.com/hiza/hospital/index.html)や高位脛骨骨切り術を行います。
・高度な変形を伴う関節症に対して人工膝関節置換術を行っています。
※詳しくは「仙台赤十字病院 人工関節センター」をご覧ください

【足部】

足部疾患に対する手術治療の需要は年々増加しております。
・スポーツ障害・外傷に関節鏡を使用した手術治療を積極的に行っており、足関節外側靭帯断裂・機能不全に対する鏡視下靭帯再建、三角骨障害、足底腱膜炎やアキレス腱付着部周囲の炎症に対する鏡視下手術などを主に行っております。
・変形性足関節症は保存治療で症状の改善が得られない場合は手術治療が選択されます。関節温存手術として鏡視下滑膜切除や脛骨外反骨切り術があり、進行期から末期関節症に対しては関節固定術や人工足関節置換術を行います
※詳しくは「仙台赤十字病院 人工関節センター」をご覧ください
・足関節外側靭帯損傷など靭帯損傷は保存的に治療されることが多いですが、断裂など高度の損傷が起こると関節は不安定となり痛みが持続し、変形性関節症へ進行すると日常生活やスポーツ活動に支障をきたします。関節不安定性や関節痛などの症状が持続する場合は関節固定術を防ぐために早期に靭帯修復・再建手術を行います。
・外反母趾や前足部の変形軽傷例では装具や足底板を用いた保存治療を行いますが、変形が高度の場合や保存治療で改善が得られない場合は変形矯正手術を行います。扁平足障害・後脛骨筋腱機能不全に対しても、進行度に応じて足底板による保存治療から足部アライメント矯正手術までを行っております。

【外傷・骨粗鬆症】

地域で発生した外傷・骨折に対する治療を積極的に行い、手術が必要か、保存治療で治療可能か専門的に判断して治療にあたっています。高齢化社会に伴い、骨粗鬆症の検査・治療を行っています。地域で生じた高齢者の骨折を積極的に受け入れて、骨粗鬆症が未治療の場合は当院リエゾンチームを中心に骨粗鬆症の治療を行っています。

 

人工関節センターについて

高齢化社会の到来、低摩耗素材の導入により人工関節の手術を受ける患者さんは全国的に増加傾向です。人工関節の利点をより多くの患者さんに提供し、早期の日常生活と社会活動への復帰を果たしていただくことを目的に、2019年10月人工関節センターを開設しました。センター専任看護師による詳細な説明、管理栄養士による栄養指導、理学療法士の術前からの介入、薬剤師による服薬指導など、多職種が連携するとことでより安全できめ細かな医療を提供できる体制を整えました。

当院の人工関節の特徴

・股関節:
人工股関節置換術(THA)は除痛と日常生活動作の改善が得られる優れた治療法です。近年全国的に、除痛に加えて入院期間が短いこと、美容的に良いこと、早期に社会復帰できること、術後の禁止動作をなくすことが求められてきています。当院では最小侵襲手術(MIS:Minimally invasive surgery)THAを積極的に行っています。MISは従来の方法と比較して皮膚切開が小さい事だけでなく筋肉や腱の損傷が少なく、脱臼の危険が少ないなどのメリットがあります。

・膝関節:
個々の患者さんに合った人工膝関節を正確に設置できるように高精度のナビゲーションシステムを用いた人工膝関節置換術を行っています(https://www.zimmerbiomet.com/ja/medical-professionals/knee/product/orthAlign-plus.html)。

・足関節:
関節リウマチ、変形性足関節症等の疾患により関節の破壊がすすんで、足関節本来の機能が果たせなくなり歩行や日常の動作に支障をきたすようになった時に人工足関節置換術を行います。
変形した関節を、人工足関節に置き換えることで痛みを取り除き、関節運動を回復する効果が期待できます。金属やセラミック、ポリエチレンなどでできています。

・骨バンク:
当院では骨バンクを備えているため、外傷・関節疾患・人工股関節置換術後のゆるみや感染で骨欠損を生じた場合、安全で良質な保存骨を用いた人工股関節による機能再建が可能です。

  スタッフ 主な担当関節
人工関節センター長 山田 則一 股関節
人工関節副センター長 大沼 正宏 膝関節
センター医師・事務局 田中 秀達 股関節
センター医師 栗島 宏明 股関節
センター専任看護師 佐藤 位江  
手術室看護師 前多 敏恵  
理学療法士 浅野 光弘  
薬剤部 中村 隆志
小野寺 裕二
 
栄養科 太田 晴子  
専任医師事務補助 鴇 真喜子
佐々木 綾花
齋藤 裕美子
 

 

仙台赤十字病院骨粗鬆症リエゾンHPへようこそ

医療者の方向け

骨粗鬆症リエゾンについて
当院の取り組み、3つのR

トピックス
講演会・学会発表・検診の予定(定期的に更新)

院内リエゾン活動(骨粗鬆症対策委員会)

  • はじめに
  • 医師の役割
  • 薬剤師の役割
  • 看護師の役割
  • 栄養師の役割
  • 幹事の役割

地域医療連携による骨粗鬆症治療の普及
地域医療連携を利用した骨粗鬆症治療について
これまでの活動

高齢者施設の骨粗鬆症検診
高齢者施設における骨粗鬆症診療の特殊性
往診による骨粗鬆症診療
これまでの活動

 

外来診療日

【外来受付時間】

再来機受付時間   8:00〜11:00(月〜水、金)/7:00〜10:00(木)
(※保険証確認も8:00から行います)
新患受付時間   8:00〜11:00(月〜水、金)/8:00〜10:00(木)

※毎週木曜日の午後は、新生児を含む小児の外来診療になっており、午前中の受付時間が通常よりも短くなっております。ご了承ください。

当院の整形外科では

  • 外来診療はすべて予約により診療することになっております。
  • 下肢(いわゆる「あし」のことで股関節・膝関節・足部などです)及び肩の病気やけがと小児の整形外科的な病気やけがを専門に対応します。
  • 脊椎(いわゆる「せぼね」のことで首・背中・腰などです)、肘・手の病気やげかの患者さん、手術や複雑・高度な診療を必要としない患者さんには(当院で他科に通院中の場合を含めて)、開業の診療所や他の病院を受診していただくよう、お願いしております。

 当科では、多くの運動器の性合・症状をお持ちの患者さんに対応できるよう努めて参りました。しかしながら最近は、高齢者の転倒による骨折や、変形性関節症などの組織の老化・変性に由来する疾患の患者さんが急速に増えております。このような患者さんの診療は、1人1人に多くの時間が必要で、手術を行う場合も複数の医師を必要とし。通常の勤務時間内に行って、安全かつ確実な治療を心がける必要があります。当院でも手術件数はこの2年間に1.5倍に増え、外来の担当者を増やせないのが現状です。
 仙台市内の多くの病院は、同じような事情から外来は完全予約制になっております。当科では平成18年4月1日から、外来診療はすべて初診・再診とも予約または紹介を必要となっております。
 また、仙台市内の病院の整形外科は様々な患者さんに的確に対応するために、それぞれ担当する領域を分担しております。当院は股関節・膝関節・足部などの下肢及び肩関節の疾患・外傷と小児の整形外科的疾患・外傷、および手術の必要な外相を専門に扱うことになっております。
 当科受診を希望の皆様に対して、失礼で申し訳ありませんが、医療施設・資源の適切な運用のため皆様のご協力をお願いいたします。ご不明の点につきましては、お近くの整形外科職員にお尋ねください。

 

名誉院長 北 純
副院長兼 整形外科主任部長 大山 正瑞

 

休診のお知らせはこちら

外来担当医

整形外科

 
午前 北   純
(足) 
北   純
(足) 
山田 則一
(股関節)
大沼 正宏
(膝) 
大山 正瑞
(股関節・第1・3・5週)  
大山 正瑞
(股関節)
大沼 正宏
(膝)
野呂 篤司
(股関節)
  山田 則一
(股関節・第2・4週)
    栗島 宏明
(股関節)
  野呂 篤司
(股関節・第2・4週)
        栗島 宏明
(股関節・第2・4週)
午後 北   純
(足) 
北   純
(足・小児外来・骨代謝) 
山田 則一
(股関節)
大山 正瑞
(股関節・小児外来)
大山 正瑞
(股関節・第1・3・5週)
大山 正瑞
(股関節)
大沼 正宏
(膝)
野呂 篤司
(股関節)
  山田 則一
(股関節・第2・4週)
岸本 光司
(骨代謝・第4週)
  栗島 宏明
(股関節)
  野呂 篤司
(股関節・第2・4週)
        栗島 宏明
(股関節・第2・4週)
        田中 秀達
(股関節・第4週)

 

スポーツ整形外科

 
午後   大沼 正宏
(膝)
    田中 秀達
(股関節・第4週)

 

人工関節センター

 
午前 足関節担当医 膝関節担当医 股関節担当医 膝関節担当医 股関節担当医
午後 足関節担当医 膝関節担当医 股関節担当医   股関節担当医

 

(完全予約制) ※予約受付は、電話にて15時〜16時30分の間にお願いします。

  • 人工関節の適応についてのご紹介は「人工関節センター診療」枠への予約をお願いします。
  • 健診センターは、月曜日から金曜日の午前中のみ受付いたします。
  • 手術等により担当医師が変更する場合がありますので、ご了承下さい。
  • 臨時の手術により午後の診療を変更する場合がありますので、ご了承下さい。
このページの上部へ移動
©2007 The Japanese Red CrossLanguage Service Volunteers Web Services.