臨床倫理概要

仙台赤十字病院における臨床及び研究倫理指針について

最善の医療を提供するために、本倫理指針を遵守し、仙台赤十字病院職員としての自覚・責任感をもって職務に専念することで、地域医療と社会に貢献します。

  • 患者さんの生命の尊厳と人格を尊重するとともに、患者さんの最善の利益を追求した、安全で良質な医療を提供するように努めます。
  • 患者さんの立場・視点に立った対応を常に心掛け、良好な信頼関係に基づいた医療を患者さんと協同して行います。
  • 個人的な背景や病気の性質にかかわらず、いかなる人にも、社会的資源を有効に活用し、公正かつ公平な医療を提供します。
  • 患者さんのプライバシーを尊重し、職務上の守秘義務の遵守と個人情報の保護を徹底します。
  • 診療については、国や関連学会等が認めた関係法規(法令)や診療指針・ガイドライン等を遵守し、根拠に基づいた医療を実践すると共に、診療の質やプロセス、医療行為の妥当性を検討します。
  • 医療事故、医療関連感染の防止に努め、提供する医療はリスクを最小にし、最大の益がもたらされるように努めます。
  • 医療人としての責務を自覚し、自己研鑽に励み、医療の知識と技術の向上に努め、医療の進歩に貢献します。
  • 各職員が互いに専門性を尊重し、良い協力関係を築くことで、最善の医療の実践に向け、チーム医療を推進します。
  • 地域の中核病院としての役割・機能を果たし、医療・介護・保険・福祉の向上に寄与するため、地域の医療・福祉関係諸機関と協力し、地域連携を推進していきます。
  • 医療情報や診療録を適正に管理し、規則に従い、開示します。

臨床倫理問題への対応方針

  1. 個人情報保護について
    • 患者さんの要配慮個人情報・個人識別符号等含めた個人情報・データの管理・取り扱いについては、「個人情報保護法」「医療・介護関係事業者における個人情報の適切な取り扱いのためのガイダンス(厚生労働省)」等の法令・指針を遵守します。尚、この基本方針は、個人情報保護に係る社会的ニーズの変化、情報技術の進歩等に応じて適宜見直しを行い、継続的に改善を図って参ります。
  2. インフォームドコンセント(説明と同意)について
    • 患者さんが治療の方針や方法を自ら選択・決定・拒否できるように、検査や治療内容、合併症・副作用等のリスク、予後の見通し等、その他必要事項について、患者さんに十分な情報を提供し、同意を得た上で医療を提供します。患者さんは、医療者から十分な説明と情報提供を受けた上で、治療・検査・その他の医療行為について自らの意思と価値観に基づいて選択・決定することや、拒否する権利があります。なお、拒否したとしても一切の不利益を被ることはありません。
  3. セカンドオピニオンについて
    • 患者さんには、納得した治療を受けるために、主治医以外の医師からの意見(セカンドオピニオン)を求める権利があり、他の医療機関の診察を希望される場合には、必要な資料を提供します。その場合にも、一切の不利益を被ることはありません。
  4. 輸血に対する当院の対応について
    • 当院では患者さんの生命を救うため、輸血を含むあらゆる手段を講じて救命医療を行います。
      1. 輸血を行うことが必要または望ましいと当院が判断した場合には、患者さん(あるいは患者自身に自己決定能力がない(医療に対する適切な判断ができる状態でない)と判断される場合にはご家族等)に輸血の必要性を説明し同意に基づいて輸血を行います。
      2. 輸血の実施に当たっては、「輸血療法に関する同意書」に基づいて説明し、患者さんあるいはご家族等から輸血同意書に署名をいただきます。
      3. 患者さんの生命維持に緊急性を要する場合でかつ患者さんに自己決定能力がない場合でも、輸血を行うことが必要または望ましいと当院が判断した場合には、患者さんやご家族等の同意の有無にかかわらず輸血を行います。
      4. 未成年の場合で、輸血を行うことが必要または望ましいと当院が判断した場合には、患者本人の生命および安全を第一に考え、親権者の同意の有無に関わらず輸血を行います。
      5. 以上の基本方針が受け入れられない患者さんには転院を勧めます。
      6. 産科においては予期せぬ大出血やショック状態がおこることがありますが、そのような場合には母児の救命を最優先として輸血を行います。
    • 自己決定能力があるとは、医療に対する適切な判断ができる状態のことを示します。
  5. 母体保護法について
    • 「母体保護法」等の法令や日本産婦人科学会による指針を遵守します。
  6. 人生の最終段階における医療について
    • 人生の最終段階における医療・ケアについては、「人生の最終段階における医療の決定プロセスに関するガイドライン(厚生労働省)」等に従い、患者さん・ご家族と相談の上、患者さんの意思に基づいた医療を行います。また、可能な限り、疼痛やその他の不快な症状を緩和し、精神的・社会的援助も含めた総合的な医療・ケアを行います。
    • 心肺蘇生法(CPR)の有効性について、人生の最終段階・老衰・救命不能または意識回復が見込めない場合、患者さんやご家族(代理人)に対して十分な説明をしたうえで、心肺蘇生法を行わないことに同意された場合、その意思を尊重します。但し、いかなる場合も積極的安楽死や自殺幇助を認めません。
    • DNAR(蘇生不要)、治療の中止・差し控え等、生命の尊厳に関する問題や医療行為の妥当性に関する問題については、多職種で検討し、患者さんにとって最善と思われる治療方針をチームで決定します。ACP(アドバンス・ケア・プランニング)の概念を盛り込んで、医療や介護の現場での普及を図ります。
  7. 判断・意思決定能力が低下・欠如している(不能な)患者さんへの対応について
    • 意識不明や判断能力のない患者さんにおいては、ご家族等適切な代理人の同意を得て、治療に必要な判断と決定を行います。但し、緊急事態で生命に問題があり、且つご家族に連絡がつかない場合、医療チームの判断により緊急治療を行います。
  8. 判断能力がある患者さんの治療拒否について
    • 治療拒否の理由を十分に把握し、治療により利益と不利益を十分に説明したうえで、患者さんの望まない治療を拒否できる権利を認めます。必要に応じて、臨床倫理コンサルテーションチーム、倫理委員会等他職種による審議を行います。但し、感染症等で治療拒否により第三者に危害が及ぶ可能性がある場合には、治療の拒否は制限される場合があります。
  9. 身体行動制限(身体拘束)について
    • 「身体行動制限に関する基準」および「身体拘束予防ガイドライン(日本看護倫理学会)」、「身体拘束ゼロへの手引き高齢者ケアにかかわるすべての人に(厚生労働省)」他、当院の「認知症ケアマニュアル」に従います。 治療上、やむを得ない場合の身体行動制限(身体拘束)は、医師の指示のもと、多職種で「身体拘束の三原則(切迫性・非代替性・一時性)」に基づいた適応・必要性を検討し、必要最軽・最短期間で慎重に行います。
  10. 臨床研究・治験・高難度新規医療技術導入・保険適用外治療について
    • ヘルシンキ宣言および文部科学省・厚生労働省・経済産業省が定める「人を対象とする生命科学・医学系研究に関する倫理指針(生命・医学系指針)」等の医療・医学研究の法令・各指針を遵守し、研究協力者(被験者)の尊厳と人権が守れているか、また、研究の科学的妥当性について、臨床研究・高難度新規医療技術・保険適用外治療は倫理委員会、治験は治験審査委員会において審議し、その決定に従います。
  11. その他倫理的問題について
    • 医療行為の倫理的妥当性が問題になった場合は、当院が定める「臨床倫理問題発生時の対応フロー」に従い、臨床倫理コンサルテーションチーム、倫理委員会等で審議し、多職種連携を行っていきます。

臨床研究に関する患者さんへのお知らせ

以下の研究の対象となる方で、臨床データ、試料の研究への利用を希望されない方は各担当者までご連絡ください。なお、研究への協力をされない場合でも、当院で受けられる診療への不利益等は一切ありません。

研究の対象
承認番号等 研究代表者 研究課題名 研究対象者 説明資料(連絡先)
仙台赤十字病院 倫理委員会 2022-7 (R4.5.2承認) 産婦人科主任部長 鈴木久也 妊娠初期の血圧が妊娠転帰に及ぼす影響の検討 当院において、過去に高血圧症と診断された妊娠女性あるいは妊娠14週までに高血圧がみられる妊娠女性
仙台赤十字病院 倫理委員会 2022-9 (R4.6.24承認) 大腸疾患センター長 大森信弥 潰瘍性大腸炎診療における5-ASA不耐頻度と治療経過の検討 2017年4月~2020年3月までの期間に、新規で5-ASA投与を行った潰瘍性大腸炎患者
仙台赤十字病院 倫理委員会 2022-19 (R4.12.16承認) 整形外科 田中秀達 日本股関節学会関節温存治療 症例データベース構築に関する研究 当院で股関節鏡手術を施行された15歳以上の方を対象としています
仙台赤十字病院 倫理委員会 2022-21 (R5.1.19承認) 呼吸器内科 千葉茂樹 進行肺がん患者における分子標的薬治療の止め時に関する他施設共同研究 2018年4月〜2027年3月に当院でEGFR阻害剤またはALK阻害剤による治療を受けられる肺癌の方
仙台赤十字病院 倫理委員会 2022-23 (R5.1.24承認) 小児外科 伊勢一哉 小児急性虫垂炎診断における各職種の役割 当院小児外科または小児科で2018年1月〜2022年11月に急性虫垂炎の疑いで診療を受けた患者
仙台赤十字病院 倫理委員会 2022-24 (R5.1.24承認) 小児外科 伊勢一哉 重症心身障害児・者に対する周術期管理の多職種連携の評価 2017年4月から2022年12月に他院より転院し小児外科で治療を受けた患者様
仙台赤十字病院 倫理委員会 2022-25 (R5.1.24承認) 小児外科 伊勢一哉 誤嚥防止術における安全性の検討 2002年4月から2022年7月に誤嚥防止術を受けた患者様
仙台赤十字病院 倫理委員会 2023-01 (R5.2.14承認) 整形外科 大山正瑞 股関節治療の長期成績に関する後ろ向き研究 2023年1月〜2032年12月の間に仙台赤十字病院 整形外科において、股関節の治療を受けられた方を対象とします
仙台赤十字病院 倫理委員会 2023-02 (R5.3.15承認) 小児科 浅田洋司 宮城県におけるRSウイルス感染症の後方視的疫学研究 2022年1月〜2022年12月に宮城県内の特定医療機関でRSウイルス感染症の診断で入院加療を受けられた方
仙台赤十字病院 倫理委員会 2023-04 (R5.3.15承認) 4B病棟 高橋真由子 産後の母親の心理状態に関する研究 2022年11月〜2023年1月に当院で出産された方
仙台赤十字病院 倫理委員会 2023-05 (R5.3.22承認) 病理診断科 嘱託医師 長沼廣 胎盤に発生した絨毛血管腫症の遺伝子異常の検討 当院および東北大学病院病理部で診断された胎盤における絨毛血管腫症2例、当院で診断された品胎の絨毛血管腫症1例のバラフィン組織を用います
仙台赤十字病院 倫理委員会 2023-06 (R5.3.28承認) 小児科 佐藤大記 ナッツ未摂取症例に対するナッツコンポーネント評価の有用性の検討 当院にてナッツコンポーネント検査(Ara h2, Ana o3, Jug rl)を行った方で、検査時点でナッツアレルギーの症状を起こしたことがなく、食物経口負荷試験を受けたことがある方
仙台赤十字病院 倫理委員会 2023-08 (R5.5.2承認) 整形外科 大山正瑞 膝関節治療の長期成績に関する後ろ向き研究 2023年6月〜2032年12月の間に仙台赤十字病院 整形外科において、股関節の治療を受けられた方を対象とします
仙台赤十字病院 倫理委員会 2023-09 (R5.5.31承認) 薬剤部 小林拓未 ニンテダニブエタンスルホン酸の当院における処方状況の後ろ向き調査 2017年4月〜2023年3月の期間に外来院外処方もしくは入院中の処方オーダーにてニンテダニブエタンスルホン酸が投与された患者
仙台赤十字病院 倫理委員会 2023-12 (R5.8.10承認) 薬剤部 中村隆志 薬剤師による処方支援を目的とした睡眠導入剤適正使用フォーミュラリーの導入がベンゾジアゼピン系薬剤の関連を否定できない転倒・転落の減少に寄与する可能性の考察 2020年8月~2023年3月までの32ヶ月間、睡眠導入剤適正使用フォーミュラリーの対象となる新規で睡眠導入剤が開始された患者。
仙台赤十字病院 倫理委員会 2023-13 (R5.8.10承認) 薬剤部 坂田摩耶 非妊娠時の体重当りの抗生剤投与量調節による術後感染症の予防効果の検証 当院産婦人科で帝王切開術を受けた患者
仙台赤十字病院 倫理委員会 2023-14 (R5.8.10承認) 薬剤部 坂田摩耶 非妊娠時と分娩時の体重と術後感染症発症率の比較 当院産婦人科で帝王切開術を受けた患者
仙台赤十字病院 倫理委員会 2023-16 (R5.8.29承認) 整形外科 田中秀達 他 人工関節置換術における内閉鎖筋共同腱の解離が臨床結果、筋委縮、筋力に及ぼす影響についての検討 2017年7月から2018年8月に当院で人工関節置換術を受けられた方を対象としています。
仙台赤十字病院 倫理委員会 2023-20 (R5.10.25承認) 産婦人科 邑本美沙希 子宮頸管熟化の観点からみたジノプロストン腟内留置用製剤とジノプロストン錠の比較検討-単施設後ろ向き研究 2019年1月から2022年2月までの間に当施設でBishop Score 4点以下の子宮頸管熟化不全と診断した妊娠37週以降の初産かつ単胎妊娠のうち,分娩誘発目的にジノプロストン腟内留置用製剤(プロウペス🄬腟用剤10mg)または ジノプロストン錠(PGE2錠0.5mg)を 使用した妊産婦を対象とする。
仙台赤十字病院 倫理委員会 2023-21 (R5.10.23承認) 薬剤部 黒川咲子 外来化学療法施行患者における栄養スクリーニングと多職種連携の有用性 2022年6月~ 2023年5月の期間に、当院外来療法室で治療を受けたがん患者の方
仙台赤十字病院 倫理委員会 2023-24 (R5.12.6承認) 整形外科 栗島宏明 TiNbSn合金新規ステムの大腿骨に対する適合性の検討 2023年4月以降に当院ですでに人工股関節を受けられた患者

手術を受けられる患者さんへ

当院は、一般社団法人 National Clinical Database (NCD:日本臨床データベース機構)における外科手術・治療情報データベース事業に参加しています。

外科手術・治療情報データベース事業とは、日本外科学会を基盤とする外科系の学会が共同して、日本全国における外科手術症例の手術 ・ 治療情報を登録し、集計分析することで、一般市民の方々に最善の医療を提供し、適正な医療水準を維持することを目的としております。

登録される情報は、参加施設の治療成績向上ならびに皆様の健康の向上に役立てるために、参加施設ならびに各種臨床領域にフィードバックされます。この際に用いられる情報は集計・分析後の統計情報のみとなりますので、患者さん個人を特定可能な形で、NCDがデータを公表することは一切ありません。
また、本事業への参加は、患者さんの自由な意思に基づくものであり、参加されたくない場合は、データ登録を拒否して頂くことができます。なお、登録を拒否されたことで、曰常の診療等において患者さんが不利益を被ることは一切ございません。

NCD のホームページより資料をご覧の上で、データの提供を希望されない場合は、担当医までお知らせ願います。

院長

NCDへリンク(外部サイト,別ウィンドウで開く)